ビジネスに活用出来る外国語情報まとめサイト

>

話せる人の少ないアラビア語

アラビア語は世界的にメジャーな言語

日本で暮らしているとアラビア語に触れる機会というのは殆どありませんし、見た目からして解読出来ない記号のようでなかなか身近には感じないという方が多いのではないでしょうか?
しかし世界的に見ると国連の公用語であり、アラビア半島から中東、北アフリカと非常に広い範囲で多くの国々で話されています。
アラビア語はイスラム教の聖典で使用されている言語であり、そのイスラム教徒が最も多いエリアは、経済成長が著しいASEAN地域です。
イスラム教徒の市場規模は300兆円とも言われていて、今後ますます増加していくことが見込まれています。
アラビア語を理解することは、そんな成長市場でのコミュニケーションにおいて、必要不可欠なものなのです。

アラビア語を学ぶことはどうして魅力的?

アラビア語を学ぶことがなぜおすすめなのかというと、アラビア語を話すイスラム教徒の人々の市場規模が今後もますます増加していくと言われていて非常に将来性のあるマーケットであるからです。
ビジネスにおいてもアラビア語圏を対象としたものが非常に多くなっていく中で、日本では未だアラビア語を習得している人というのが非常に少ないという現状があります。
そんな中でアラビア語でのコミュニケーションを円滑にとることが出来るスキルがあれば、ビジネスシーンでは非常に重宝されることでしょう。
通訳や翻訳者として活躍することも出来ますし、石油などの燃料やインフラ関係の企業、イスラム圏に進出している日系企業での活躍も期待出来ます。


TOPへ戻る